こっそり工房の どこまでいくの?

cossories.exblog.jp

あづまTeshi-got市場。(前日)

二回目のテシイチから早1週間。ほんとに早いです。
まずはこっそりブースにお立ち寄り下さった皆様、スタッフさん
色々助けていただいた顔なじみの作家さん達本当にありがとうございました。

まずは前日の模様。
イベント自体のことは何も書いていません。
興味のない方は期待して読んだら損しますよ。
稀に私のどうでもいい行動や現地の人とのやりとりが気になる、と
言ってくれる方がいるので書いているだけです。

去年初めて参加した時は
仲良くさせてもらっている木工のEvanistaさんの後を追っかけ
親切な彼女に全部お任せしてしまって
雰囲気がわからないまま、熱にうなされながら、二日間が終った感じでした。

今年は一人でぜ〜〜〜んぶやらなきゃだな、と出発前から鼻息荒くして色々計画。
昨年同様、会場と同じ敷地内の宿泊所にお世話になったのですが
金曜日夜〜日曜日朝まで買い物にも出掛けられないので
(他の作家さんは車で買い出しに行っていましたが。車ナシの私は軟禁状態。)
電子レンジはないけどポットはあると聞き、
Amazonでお湯だけでなんとかなる登山食を注文。
すっかりAmazonマジックにかかり、気づいたら3500円分買っていました。
仙台空港では好物のずんだ餅と宮城のお酒2本(乾坤一と一ノ蔵)を買って大満足。

福島駅〜会場までは路線バスで向かいました。
ここでもまたローカルルールの洗礼を受けた私。
結構綺麗なお顔立ちした20代前半の運転手さん、ものすご〜〜く態度が横柄で声が小さい。
乗客のおじいさんが聞き返したらブチギレた様に怒鳴って言い直す。
顔が綺麗なだけにコワ〜〜とビビってましたが
高齢のおばあさんが慣れた感じで「運転手さん、そこの信号過ぎた所で降ろして」とか
「そこのスーパーの前で降りたい」との要望を無言で聞き入れていました。
余所者の私一人ハラハラしていただけで、実はみんな馴染みで仲良しなのかなぁ〜と反省。
そして私が降りるバス停がアナウンスされたのでボタンを押したのですが、
らしきバス停をスルー。どんどこ山に入って行くじゃないですか。
慌てて運転手さんに問うと
「あ、さっきのおばさん、バス停じゃない所で降ろしたから。(システム?)狂った。」とボソっと言って
「、、、、戻ります」とまたまたボソっ。
謝罪はないんだね。いい人なのかそうじゃないのか、分からない。
でも、まぁ無事に着きました。
ちなみに調子に乗ってバス停じゃない所(ちょうどイイ場所)で降ろしてもらいました。
兄さん、これでイーブンだよ。と悪びれもせず。

荷物を送っていた陸上競技場に辿り着き、
受付でおじさんから台車を借りて1キロ弱の道のりを腰を入れて運びました。
おじさんに札幌から来た、と伝えると俺も5年札幌に住んでいた、とやや盛り上がり。
その後、奥尻島のスナックの話題などで大盛り上がり。
これから体育館の宿泊所に行くから道順を教えて欲しいと言うと
仕方ねぇなぁ〜と、立派な競技場に入れてくれて、
トラックを横断するという近道させてくれました。文科系の私には無縁のトラック!感動!

部屋に入り、無事に搬入も終えたことを
心配してくれたEvanistaさんやパンチョ伊藤さん達にメールしようとしたら
充電切れ。そして持って来た充電器はカメラのもの。(しかも今は使っていない先代のカメラの)
この時から札幌に戻って来るまでの全くのアナログ生活が始まりました。。。。

つづく。
[PR]
by cossori-cobo | 2015-10-31 21:40 | イベント