こっそり工房の どこまでいくの?

cossories.exblog.jp

今更ですが姫路のようす。

あんまり写真撮れなかったのでどうしようかな、と思ったんですけど
去年もスルーしてたな、と反省しながらご報告。

d0249667_18445636.jpg

今年も大阪のglass craft六根さんのお宅から姫路へ始発で向かいました。
出発時(5時過ぎ)からジャンジャン振り。
9時には上がるという予報を信じてましたが
ジャンジャンがシトシトに変わっただけで、姫路駅に着いても晴れる気配ゼロでした。
前の週舞鶴でお世話になった伊丹の染め作家さんご夫婦と駅付近で合流。
舞鶴搬出の際に、「来週姫路までこの荷物持って行こうか。どうせ見に行くし。」
などと、カッコイイことを。
ちゃんとお断りしましたが如何せんカッコイイお二人なので、そのまま甘えました。

お手伝いされながら、いつもよりテキパキ作業ができ、余裕を持ってオープン。
朝一番はいつも来てくださるお客さんが三世代でこんにちは。
毎年楽しみにしているようで、こちらもとっても嬉しいです。
姫路参加初年度からの岡山の女の子もお母さんを連れて来てくれたり、
それよりも一年前の姫路の別のイベントからのお客さんも忘れずに来てくれたり
まだまだ知り合いの少ないイベントで顔馴染みのお客さんが来てくれると本当にホッとします。
そして、嬉しい再会も。
こっそり工房がクラフトフェアデビューしたのが、
青森県鯵ヶ沢市で催されていたC-pointというイベントだったのですが
その時のお客さまと10年ぶりくらいにお会いしました。
ブログで私が関西に来ていることを知って、わざわざ京都から手土産持って来てくれたのです。
10年経っても相変わらずお綺麗で親しみやすくて、
おそらく一人でお店番していたらハグしていたことでしょう。
今は京都でアメリカ人の旦那様(10年前はまだ彼氏)とお仲間で
クラフトビールの会社をされているようです。
すごい昔のたまちゃんの器もまだ使ってるよ、と言われ
嬉しいような回収したいような。。。。
マイバック持参でたくさんの新しい器を連れて帰ってくれました。

d0249667_18451485.jpg

お昼に食べた沖縄そば。
ソーキうまし。

関西に行っていつも思うのですが、やっぱり話好きな方が多いですね。
前に買った器をこんな風に使ってるの、とか
猫のマグカップ一つ選ぶにも猫の表情とかポーズとか観察が鋭く
感想をあれこれ述べていたり。(その後ちゃんと買ってくれましたよ)
参加作家さんにも遠方ネタでチョイチョイいじられました。

二日目は真夏のような暑さ。
お客さんの数もすごかったです。
去年来られなくてごめんね〜と申し訳なさそうにお友達を連れてきてくれた方
去年、商品渡し忘れて大変失礼をしたのに今度は名前を呼び間違えてしまった方
(同じ商品を群馬でも渡し忘れていて、その方の名前とごっちゃになってました。
ごめんねSさん。)
今年は、初めて来ました、というお客さんが多かった気がします。
初めてなのにアート大皿を躊躇なく買われていかれた方もいらして、「え、買うんですか?」と
確認してみたり。
あ、話が盛り上がったコがもう一人。
去年猫のスープマグを買ってくれたアメリカの女の子。
シャー!と威嚇している猫のデザインに大ウケしていたのを覚えていたので、
会計の時に話しかけてみると今はたつの市に住んでいるようでした。
会話はほぼ日本語、彼女がわからない日本語は私が分かる範囲で訳して、、、
と言ったカタコト。よく言えばフレンドリー、
そうじゃなければ若干横柄な会話が側から見れば結構怪しかったと思います。
もっと書きたいけど、止まらなくなるのでこの辺りで。

数少ない関西遠征のひめじアーティストフェスティバル。
イベントとスタッフが変わっても新しいスタッフもみんな親切で、
お城や周りの環境はとっても素敵、夜の街も魅力的。(コレ大事)
行ける限り続けて参加したいな、と思っています。



今年の一人飲みの様子。
d0249667_20473007.jpg

「男の樽酒」をオーダーしたら荒塩が。やるな。
そして、私がこっそりと写真を撮っていると
隣のおっちゃんが、御手元の袋をスッとフレームインさせてきました。
フォトジェニック?
 
d0249667_18583798.jpg

ホテルへの帰り道、また気になるお店発見しました。
来年はあそこかな。
と、はしご酒は我慢して、おとなしく部屋で可愛いお餅を食べました。
d0249667_18470873.jpg




、、、、また食べ物の写真ばかり★



[PR]
by cossori-cobo | 2017-05-29 18:59 | イベント