こっそり工房の どこまでいくの?

cossories.exblog.jp

やっとこA-lineを振り返りまーす。

忘れたフリしそうなので振り返っておきます。
d0249667_16551729.jpg
暑い中見に来て下さったお客さま、ありがとうございました。
スタッフの皆さん、色々気にかけて手伝ってくれた作家さんと顔なじみのお客さん
大変お世話になりました。

今年のA-lineは前日入りして、仲良しの作家さんたちに手伝ってもらいながら
3時頃からセッティング開始。
青森着いた途端にムっとした湿度。モヤヒルズに着いてもムムム〜。
北の人の割には意外と暑さに強いんですが、湿度にはめっぽう弱い私。
手ぬぐいぶら下げたおばあちゃんにたいな顔で、汗拭き拭き準備しました。
そのおかげで当日朝は心に余裕を持って店開き。
7回目にして初めてのことです。

今回のブースは希望を出して群馬のEvanistaさんのお隣にしてもらいました。
そして、もう一方のお隣さんは、、、と挨拶に行くと、
なんだか予想外のテンションで迎えられました。
一瞬ではわからなかったのですが、この太陽みたいなお方、、、、
去年の姫路でお隣だった和歌山の彫金アクセサリーの女の子。
その隣は彼女のお仲間のランプ屋さん。3店姫路と全く同じ並びに、
すごい確率だね〜異性だったらフォーリンラブだね〜と盛り上がりました。
午前中から暑くて溶けそうでしたが、周りが好きな作家さんばかりで
女子会みたいな感じで楽しかったです。

d0249667_16554100.jpg
今年は津軽森に出なかったこともあり、早い時間からお客さんに囲まれました。
たくさん見てもらおうと思い、もう一台テーブルを新調した甲斐がありました。
顔なじみのお客さんから初めましてのお客さん、
忙しかったけど、みなさん文句も言わず待てってくれて
なんとか朝のラッシュを乗り切りました。

夜は毎度毎度すっかりお世話になっているY家でディナー。
d0249667_00104331.jpg

こっそりの懐かしい器と毎年再会できるのが嬉し恥ずかしです。
d0249667_00113756.jpg
サンマ皿だけどサバ寿司にもいい感じ。
d0249667_00123701.jpg
もちろん日本酒もたらふくいただきました。
ストップかけてくれる人がいなかったので気づけば3時。。。
群馬の森以来のやっちゃった感。

二日目も真夏日。
前夜のお酒は残っていなくても、寝不足&お年のため疲労が顔に出ていたようで
顔なじみのお客さまにはバレていたようです。
d0249667_01482978.jpg
猫の作家さん、と言われたくないので
レギュラー猫モノ器はマグだけ(あと時々お皿も)と思って作っているんですが
やっぱりA-lineも猫飼いさんが多くて、老若男女問わず人気でした。
サングラスにサンダル、耳にはイヤフォンで
「絶対俺に話しかけるなよ」オーラ全開のお兄さんも
迷いに迷って猫スープマグ選んでいました。
話しかけたら意外と話好きで飼い猫ちゃんの写真も見せてもらったり。
このお兄さんだけではなく、何度も一人で見に来て
コソコソと一人で自分用の器を買っていかれるおじさんが
チラホラいらっしゃいました。
疲れてはいたけど(注・お酒ではなく湿度のせい。)
津軽森やはっちからのお客さんとも色々話せて楽しかったです。
このブログも見てますよ〜と度々声をかけられ
不定期のゆるいブログですんません、と苦笑いでごまかしたら
意外と許してくれる人がいることがわかったので(本当に一部だと思うけどね)
これからもお酒とか猫とか餅とか器以上に登場すると思います。
(これがあって江別の1日目エピソードがあります。)

帰りも電車の時間まで、いつもの作家仲間の飲み会に
ちょっとだけ乱入して日本酒ひっかけて帰りました。
在来線〜新幹線〜深夜バスを乗り継いで朝5時過ぎに帰宅。
鍵をこそっと開けると、まん丸お目目をしたチョーパンが
ドアの隙間から迎えてくれました。
d0249667_08420375.jpg
留守パンご苦労様でした。

[PR]
# by cossori-cobo | 2017-07-21 08:54 | イベント

えべつ やきもの市終わりました。の続き。

写真なしの長文です。(友達から写真もらいました)
時間のない方は読まない方がいいと思います。

d0249667_14155644.jpg
二日目も予報通り真夏日。
午前中用事が入っていたイケメンちゃんには
二日目は一人で大丈夫!と居酒屋帰りの電車で息巻いてしまったので
ちょっと早めに会場入り。

あぢーあぢーと店番していると
来ましたよ、あのお方!昨日から私とイケメンちゃんが密かに待ち焦がれていたマダム。
なんのこと?と思った方はコチラ→(真ん中より下の文章です。)
待ってましたよ!と喜び勇んで話しかけたのですが、
マダム、若干引き気味でした。
去年は最終的に褒めちぎって帰られたのに、1年経ってリセットされたらしく
「やっぱり私にはわからないわぁ〜」と呟いていましたけどね。
それでも持ちやすい、軽い、と機能面を褒めてくれて今年もスープマグなど
お買い上げくださいました。

それと、めちゃめちゃビックリなお客さんが来店されました。
5月の姫路では10年以上ぶりに青森のお客さまと再会して歓喜しましたが
それ以上に久しいお客さま。
私が陶芸を始めて2年目の時に、陶芸教室枠で少しだけ出品させてもらったのですが
その時に私のお茶碗を買ってくれた主婦の方が、とても気に入ってくださって
後日教室に追加注文の電話がかかって来たのです。
教室でやきもの市に参加し、生徒の作品の問い合わせが来たのは初めてのことらしく
先生がすごく喜んでくれたのを覚えています。
その後もちょいちょいオーダーが来て、ただの会社員だった私は時間だけはあったので
素人なりに一生懸命色んなものを作ってみました。
一番苦労した蓋付石鹸ケースとか、、、あ〜懐かしい。
一度だけ、「たまちゃんの器でもてなすよ〜」とご自宅に招待され
久々に我が子たちと再会した時にはあまりの下手くそ加減に
恥ずかしいから買い取らせて下さい!と懇願したっけなぁ。
あれから15年以上、もう回収どころか恐ろしくて見たくないですね。
こっそり工房と名乗る前からの顧客のKさん、ほんとお世話になりました。
そして、当時は作ることができなかった大皿のお買い上げありがとうございました。

例年、二日目の日曜日は散歩がてらのご来場な感じのお客さんが多いので
のんびりビールを飲みながらお店番しているのですが
今年は炎天下の中、どうしたの?ってくらい人が多かったです。
いつも顔だしてくれる長年の友達、スノーボード&日ハム仲間、妹家族、従兄弟家族から
ビールやらペットボトルの飲み物など、たくさんいただきました。
お客さまからかき氷の差し入れも。
それと、A-lineの時も感じたのですが
一人でいらしていた男性のお客さんが多かったような気がします。
いかにも雑貨男子って方と「え、買うの?」と聞きたくなるようなおじさま。
去年お父さんが買って、お父さん経由で今年は娘さんが買いに来たパターンも。
お父さんナイスです。

あ、もう一コ感じたことが。
今年の江別のお客さん、写真を撮られる方が多かったのですが
ほぼ全員が撮影許可を取ってくれました。
撮影禁止と謳ってはいないものの、無断でバシャバシャされるのはやっぱりイイ気分じゃないです。
一言聞いいてくれるだけで気分は全然違います。
やきもの市終了後、パンチョ伊藤さんと撤収していた時も、
一眼レフを携えたカメラ女子さんがテーブルに残った作品を指差し、
撮ってもいいですか?と聞いて来ました。
いいですけど、来年は早く来てちゃんと並んでいるところ撮ってね。と苦笑い。
ファインダー越しに気になったのか、残っていた作品の中から買い物もしてくれました。
半分以上コンテナに片付けていたので申し訳ないことをしちゃった。。。
来年、待ってますね〜。





[PR]
# by cossori-cobo | 2017-07-12 18:46 | イベント

えべつ やきもの市終わりました。

d0249667_18295967.jpg
週末真夏日だった北海道。
ものすご〜〜い暑い中、やきもの市に足を運んでくださったお客さま
ありがとうございました。
スタッフの皆さま、出店者の皆さまお疲れ様でした。
撤収時に救急車が来て出店者のどなたかが運ばれたようですが
大丈夫だったのでしょうか。心配です。

土曜日は前日打ち合わせした友達に搬入から作品の陳列まで手伝ってもらいました。
毎年私がモタモタ準備している最中、アウトレット狙いのお客さんに
圧倒されながらアワアワオープンですが、
今年はマナーの良いお客さまが多く、目を泳がすことなくオープンできました。
今年も、相方のイケメンちゃんが頑張ってくれて、私はお包み係に。
暑くてあまり記憶がない。。。
とにかく暑かったので他のお店を見て廻ることもできずにいました。
そんな中、いつも顔を出してくれるお客さま、律儀な友達、
数年ぶりにこっそり工房を見つけてくれたというお客さまが続々来店。
ありがたい気持ちより申し訳ない気持ちが大きかったり。

お昼はいつも、おこわやベトナムライスを作っていくのですが、
今年は時間がなかったので、前日のスープカレーの残りをサーモスのポットに入れて
プラスチック容器にご飯詰め込んだだけのランチ。
お椀、そして台湾のスーパーで買ったレンゲが屋台飯みたいで楽しくなりました。
周りの作家さんは「ポットからまさかのカレー?」とさぞビックリしたことでしょう。
d0249667_18305449.jpg
ちなみに後ろの作家さんのテーブルの陰に
パックに入った見たことのない直径2センチくらいの小さいお饅頭があり(差し入れらしい)
振り返るたび目につき、5回目くらいの時に話しかけて、お裾分ゲット。
もちろん初対面です。
人見知りの私ですが、好奇心の方が勝るとドンドコ行きます。
お礼にとゼリー、イケメンちゃんが持ってきた特大黒糖饅頭とばくりっこしました。(物々交換の意味)

夜は、ず〜〜っと行きたかった昭和な居酒屋へ。
日本酒のラインナップが素晴らしい。
料理は地味だけど全部美味しかったなぁ。
、、、また食べ物メインのレポート。
d0249667_18481956.jpg
二日目の写真が全然ないのですが、
書きたいことがたくさんあるので明日にでも。

あ、A-lineのも、でした★


[PR]
# by cossori-cobo | 2017-07-11 18:59 | イベント