こっそり工房の どこまでいくの?

cossories.exblog.jp

コップとパンとマグネット。

昨日、自転車で近所の閉店した古い商店の前を通ったら、
『どうぞご自由にお持ちください』
と書かれた紙が貼ってあり、
棚に古いかき氷機や、食器、置物などが並んでいました。

気になるものはいっぱいあったけど、
区役所や買い物に行く途中だったので、
気に入ったコップを一ついただきました。
ご自由に、と書かれていてもなんか気が引けるものですね。

そこで、ひとつ思い出したコトがあります。

かなり前ですが、オーストラリアにちょっとだけ滞在したことがあり、
そこで知り合った友だちの一人が、
週に何回かバックパック満載の美味しそうなパンを
彼が帰国するまで、定期的に我が家に運んで来てくれていました。

学生だった彼にそんな甲斐性はナイはずだ、とふんで事情を聞くと、
実は彼の家の近くのショッピングセンターに入ってるパン屋さんは
夜中の12時を回ると、パンをただでくれるのだ、と自慢気に説明するのです。

その状況が想像し難く、なんとなく毎回パンを受け取っていましたが、
彼の勧め?で帰国前に一度だけ確認しに行きました。

11時50分くらいにショッピングセンターに到着し、
パン屋さんの前のベンチで友だちとふたり素知らぬ顔で待機。
一見して本当に普通のオシャレなお店だったし、
私たちの他に、『それらしき』人も見当たらなく、
なんだかその12時までの10分間はずっとドキドキしてて、
罰ゲームを受けてるような錯覚にさえ陥りました。

「あ」と、友だちの声に促され、お店の方を伺うと、
売れ残ったパンがキャスター付きのラックごと、一斉にお店のエリア外に放り出され、
そのまま放置されたのです。本当に放置って感じでしたよ。

特に張り紙も、店員さんのアナウンスがあるワケでもなく、
これ、本当に?とオドオドしている私をよそに、
友だちは次々とパンをバックパックに詰め込んでいきました。
羞恥心と恐怖心半々で、お店の方は振り返られず、
目に留まったパン1個を、友だちに手渡すのが精一杯でした。

勧められたり、手渡されることもなく、確認出来ぬままで
人のもの?を失敬するのってドキドキしますね。

発芽マグネット製作中、そんな昔話を思い出しながら、
いただいてきたコップで麦茶ブレイク。
d0249667_157557.jpg
[PR]
# by cossori-cobo | 2011-07-20 15:05 | なんとなく

こっそり器feat.みず

昨日作った油炒めと、
今日チャレンジしてみた『みずチャンプルー』

バカスカ食べれるわぁ〜♪
d0249667_22475994.jpg

[PR]
# by cossori-cobo | 2011-07-19 23:38 | おいしいもの

好物

青森の友だちから『みず』が届く。
みず大好き。
あのシャキシャキ感、たまらんです。
どうして地域限定植物なんだろ?

さっきまで黙々とスジ取りしてたら
あらま、爪がヒドいことに。
でも、これもおいしいモノを食べるため。
あのシャキシャキ感、たまらんです♪

d0249667_22462182.jpg
[PR]
# by cossori-cobo | 2011-07-18 00:20 | おいしいもの