こっそり工房の どこまでいくの?

cossories.exblog.jp

青森に行きます。


d0249667_07452556.jpg
今年の東北イベント初めはA-line。
A-lineはねぶたの里での第一回からの参加なので7回目。
モヤヒルズに移ってからもう5年目ですか〜、早っ。
こちらでブースマップが確認できます→
5月の姫路の遠征を最後に、しばらく籠っていた間色々作ってみました。
一点モノ、と言ったらなんか凄いものっぽい響きだけど
ちょっと、一個だけ作ってみました的なモノを持って行きます。
良かったら見に来てください。
今年は初日の朝にバタバタしないよう、ちゃんと計画立てましたから。
d0249667_01144880.jpg
今回アート大皿は2枚だけ。
他は楕円なヤツとか
d0249667_01162239.jpg
去年の小岩井CRAFT市以降作っていなかったフリープレートも。(8枚くらいだったかな)
d0249667_01164933.jpg
荷造り終えて、一息。
今日は暑かったので汗だく。
枝豆ブレイクしていたらニョッキリ毛深い脚がフレームイン。
d0249667_01191426.jpg
モヤヒルズで待ってます。
d0249667_01232182.jpg


[PR]
# by cossori-cobo | 2017-06-29 01:03 | イベント

一週間経ちまして。

d0249667_13090617.jpg
あかびらツクリテフェスタが終わって一週間。
ご来場の皆さま、スタッフの皆さん、植松電機さん、参加作家さん
ありがとうございました。
予想通りの悪天候ではありましたが、
助っ人イケメンちゃんと二人楽ませていただきました。

搬入、設置の時は雨は降ったり止んだり。
開会式の最中には本降り。
私たちのテントに作家さんが一斉に避難してきました。
赤平市長さんの挨拶、植松電機さんのロケット打ち上げ、
晴れていたらなぁ〜。
d0249667_12270218.jpg


初日の雨模様は覚悟していましたし
ありがたいことにお借りしたテントが大きく、風もそれほどなかったので
作品もほとんど濡れませんでした。
親切なスタッフさんばかりで、屋根に溜まった雨水もコンスタントに
落としてくれたり、ローラーの機械でアスファルトの水を処理したり、と
あちこちで頑張っていましたよ。
d0249667_12272990.jpg

雨の中、一番最初にいらしたのは
開会式にこっそりテントで雨宿りしていたチエモクさん。
すご〜く迷ってネコスープマグをお買い上げくださいました。
その後も、雨宿りの時から気になってたの〜と他の作家さんも買いに来られたり。
寒かったけど屋外組の我々を不憫に思ったnagomizuさんが持ってきてくれた
膝掛けのおかげで風邪もひかずにすみました。
とにかくみんな優しかったなー。
雨はお昼を回っても相変わらず降り続いていましたが
意外にもお客さんが続々やってきました。
きっと一昨年で幕を閉じた富良野のイベントからのお客さんも少なくないハズ。
みんな待っていたんだね〜。(私は出たことないけど)

1日目終了後は隣の滝川市の焼き鳥屋さんへ。
二人とも焼き鳥が大好物で今まで散々食べてきましたが、
ここの焼き係のおじさんの仕事っぷりは秀逸でした。
串とおじさんの顔の距離がすごく近い。
背中を丸めて小刻みに塩振る姿は人間国宝か妖怪か。
串を裏返す際も大事そうに摘んでクルッ。
運ばれてきたファーストスティック(一本目)をいただくと、期待どうりの美味しさ。
思わず、カウンターのガラス越しに「美味しい!」と口パクでお伝えしました。
d0249667_12280024.jpg


帰り道、ほろ酔いで露店通りを抜けて駅に向かう途中
なぜかクレープを食べることになりました。
メニューの札をしばらく、しばら〜く見上げていたら
お店のお母さん「お姉さん、ひょっとしてクレープ初めて食べる人?」と。
初めてではないけどかなり胸焼けしたので、あと10年は食べなくていいかな。
d0249667_12302243.jpg

酔っ払ったまま昭和感満載の温泉宿にチェックイン。
泊まりの女性客は私たちだけだったようでお風呂は貸切。
ずっと寝不足だったため、のび太並みに即寝しました。

翌朝も雨が降っていましたが、会場に着く頃は上がっていて
スタッフの皆さんが作家さんよりも安心していました。
お客さんも続々来場。
雨の心配はなかったものの、びっくりするほどの寒さ!
薄着だった私たちが悪いんですけど、辛かった〜〜。
寒さでせっかく賑わって来た2日目の写真を撮り忘れました。
初めての土地だったのにパンチョのことを知ってる方も
ちょいちょいいらっしゃって、不思議に思い話を聞いてみると
旭川や新十津川からのお客様でした。

1回目のあかびらツクリテフェスタ。
天気には恵まれませんでしたが、スタッフ、植松電機さんは素晴らしいし、
ちょっと期待していた道内作家さんとの交流、
新しいお客さんもできたので大満足で終了しました。
来年も申し込みしようと思っています。
受かるといいな。
次はダウン持参しま〜す。

《オマケ》
帰りの電車で食べるお弁当とビールを買おうと思ったら
滝川駅前に何もない!コンビニでさえ徒歩10分くらいかかるよ、と言われショック。
お祭り目当ての中高生がウジャウジャしてる
駅前の商業施設に入っても飲食店が殆どクローズ。
唯一開いていた入ったローカルファストフード店?で
テイクアウト用のおにぎりと卵焼き、そしてビールをゲット。
ビールの泡を消したくないので、お会計を先にして電車の出発ギリギリに取りに行くと
枝豆もおまけしてくれました。
やっさし〜〜。
d0249667_12511381.jpg


[PR]
# by cossori-cobo | 2017-06-19 13:10 | イベント

今更ですが姫路のようす。

あんまり写真撮れなかったのでどうしようかな、と思ったんですけど
去年もスルーしてたな、と反省しながらご報告。

d0249667_18445636.jpg

今年も大阪のglass craft六根さんのお宅から姫路へ始発で向かいました。
出発時(5時過ぎ)からジャンジャン振り。
9時には上がるという予報を信じてましたが
ジャンジャンがシトシトに変わっただけで、姫路駅に着いても晴れる気配ゼロでした。
前の週舞鶴でお世話になった伊丹の染め作家さんご夫婦と駅付近で合流。
舞鶴搬出の際に、「来週姫路までこの荷物持って行こうか。どうせ見に行くし。」
などと、カッコイイことを。
ちゃんとお断りしましたが如何せんカッコイイお二人なので、そのまま甘えました。

お手伝いされながら、いつもよりテキパキ作業ができ、余裕を持ってオープン。
朝一番はいつも来てくださるお客さんが三世代でこんにちは。
毎年楽しみにしているようで、こちらもとっても嬉しいです。
姫路参加初年度からの岡山の女の子もお母さんを連れて来てくれたり、
それよりも一年前の姫路の別のイベントからのお客さんも忘れずに来てくれたり
まだまだ知り合いの少ないイベントで顔馴染みのお客さんが来てくれると本当にホッとします。
そして、嬉しい再会も。
こっそり工房がクラフトフェアデビューしたのが、
青森県鯵ヶ沢で催されていたC-pointというイベントだったのですが
その時のお客さまと10年ぶりくらいにお会いしました。
ブログで私が関西に来ていることを知って、わざわざ京都から手土産持って来てくれたのです。
10年経っても相変わらずお綺麗で親しみやすくて、
おそらく一人でお店番していたらハグしていたことでしょう。
今は京都でアメリカ人の旦那様(10年前はまだ彼氏)とお仲間で
クラフトビールの会社をされているようです。
すごい昔のたまちゃんの器もまだ使ってるよ、と言われ
嬉しいような回収したいような。。。。
マイバック持参でたくさんの新しい器を連れて帰ってくれました。

d0249667_18451485.jpg

お昼に食べた沖縄そば。
ソーキうまし。

関西に行っていつも思うのですが、やっぱり話好きな方が多いですね。
前に買った器をこんな風に使ってるの、とか
猫のマグカップ一つ選ぶにも猫の表情とかポーズとか観察が鋭く
感想をあれこれ述べていたり。(その後ちゃんと買ってくれましたよ)
参加作家さんにも遠方ネタでチョイチョイいじられました。

二日目は真夏のような暑さ。
お客さんの数もすごかったです。
去年来られなくてごめんね〜と申し訳なさそうにお友達を連れてきてくれた方
去年、商品渡し忘れて大変失礼をしたのに今度は名前を呼び間違えてしまった方
(同じ商品を群馬でも渡し忘れていて、その方の名前とごっちゃになってました。
ごめんねSさん。)
今年は、初めて来ました、というお客さんも多かった気がします。
初めてなのにアート大皿を躊躇なく買われていかれた方もいらして、「え、買うんですか?」と
確認してみたり。
あ、話が盛り上がったコがもう一人。
去年猫のスープマグを買ってくれたアメリカの女の子。
シャー!と威嚇している猫のデザインに大ウケしていたのを覚えていたので、
会計の時に話しかけてみると今はたつの市に住んでいるようでした。
会話はほぼ日本語、彼女がわからない日本語は私が分かる範囲で訳して、、、
と言ったカタコト。よく言えばフレンドリー、
そうじゃなければ若干横柄な会話が側から見れば結構怪しかったと思います。
もっと書きたいけど、止まらなくなるのでこの辺りで。

数少ない関西遠征のひめじアーティストフェスティバル。
イベントとスタッフが変わっても新しいスタッフもみんな親切で、
お城や周りの環境はとっても素敵、夜の街も魅力的。(コレ大事)
行ける限り続けて参加したいな、と思っています。



今年の一人飲みの様子。
d0249667_20473007.jpg

「男の樽酒」をオーダーしたら荒塩が。やるな。
そして、私がこっそりと写真を撮っていると
隣のおっちゃんが、御手元の袋をスッとフレームインさせてきました。
フォトジェニック?
 
d0249667_18583798.jpg

ホテルへの帰り道、また気になるお店発見しました。
来年はあそこかな。
と、はしご酒は我慢して、おとなしく部屋で可愛いお餅を食べました。
d0249667_18470873.jpg




、、、、また食べ物の写真ばかり★



[PR]
# by cossori-cobo | 2017-05-29 18:59 | イベント